<span id="1lrjx"><progress id="1lrjx"><th id="1lrjx"></th></progress></span>

<p id="1lrjx"></p>
<big id="1lrjx"><progress id="1lrjx"><form id="1lrjx"></form></progress></big>
      <track id="1lrjx"></track>

          <i id="1lrjx"></i>

          <th id="1lrjx"><meter id="1lrjx"><span id="1lrjx"></span></meter></th>

          【徹底比較】法人向け3Dプリンター オススメ10選

          製造業で現在注目されている3Dプリンター。
          今や多くの企業が導入し始めています。
          今回は、初心者でもわかる3Dプリンターの基本的概念から、法人で利用するにあたり売れ筋の3Dプリンターオススメ10選をご紹介したいと思います。

          目次
          1.3Dプリンターとは
          2.3Dプリンターの造形方式
          3.3Dプリンターの選び方
          4.法人向け オススメ3Dプリンター
          Markforged MARK TWO
          Stratasys F170
          Stratasys Fortus 380mc
          Stratasys Objet30 Prime
          Stratasys Objet260 Connex3
          3D Systems ProJet? MJP 2500
          3D Systems ProJet? MJP 3600
          3D Systems ProJet? 460Plus
          HP Jet Fusion 3D 4200
          Markforged INDUSTRIAL SERIES X7
          5.3Dプリンターに関するよくある質問
          6.3Dプリンターの活用イメージを膨らませる

          3Dプリンターとは

          3Dプリンターとは3DCADの設計データ(STLデータ)をもとにして、スライスされた2次元の層を1枚ずつ積み重ねていくことによって、立体モデルを製作する機械のことを指します。薄い層を積み上げる積層方式を基本としながら、液状の樹脂を紫外線で少しずつ硬化させる「光造形方式」や、熱で溶かした樹脂を積み重ねる「FDM方式」など、様々な方式のプリンターが存在します。

          画像:3Dデータ

          3Dデータ

          画像:3Dプリンター出力(造形)

          3Dプリンター出力(造形)

          画像:造形完了

          造形完了

          3Dプリンターの造形方式の比較

          以下は造形方式別の比較表です。
          強度や、微細性、造形速度など、造形方式ごとに様々な特徴があります。

          3Dプリンターの造形方式別比較表

          方式 強度 微細性?審美性 造形速度 必要付帯設備
          材料押出堆積法/FDM
          高い耐久性や耐熱性を得やすいので、試作品や治具、簡易型の造形などにおすすめです。
          × なし
          マテリアルジェッティング
          高精細でなめらかな表面のモデルを造形しやすく、精度が求められるようなパーツの造形物の出力に力を発揮します。
          空調設備?洗浄装置
          バインダージェッティング
          造形速度に優れた造形方式。着色が容易なため、デザインの確認やフィギアの作成などに向いています。
          × × 粉塵対策
          粉末焼結積層造形(SLS)/(SLM)
          耐久性のある造形物を製作でき、金属素材も使用可能なので、最終製品や鋳型の製造におすすめです。
          × [金属]
          ×
          [樹脂]
          不活性ガス用の設備
          光造形(レーザー方式)
          もっとも古くからある方式で、高精細かつ表面の滑らかな造形物を作成することが可能です。
          空調設備?洗浄装置
          光造形(DLP方式)
          DLPシステムにて一括露光することで高速造形を実現しながらも、SLA同等の高精度な造形を行い、細かいパーツなどの造形にも適しています。
          空調設備?洗浄装置
          HP Multi Jet Fusion テクノロジー
          HP独自の3D造形技術。最終製品造形に求められる高速でかつ堅牢で高精細な仕上がりを実現します。
          ビーズブラスト機
          ?エアコンプレッサ?防爆掃除機

          ※環境や機種によって必要な付帯設備が変わる場合があります。

          3Dプリンター 造形方式詳細

          3Dプリンターの選び方

          3Dプリンターの選定は、まず造形方式、次に機種という順に進めていきます。3Dプリンターの造形方式には上記の7つと、Directed Energy DepositionとSheet Laminationを加えた全9種類があり、同じ方式でも機種によってそれぞれ特長や使用できる材料が異なります。このため、製作する造形物に応じて適切な物を選定しないとせっかく購入しても思ったように活用することができない恐れがあります。

          3Dプリンターの選び方 詳細はこちら

          画像:3Dプリンターの選び方

          法人向け オススメ3Dプリンター

          ここでは、法人向けの3Dプリンターで特にオススメ?売れ筋の人気3Dプリンターをご紹介します。

          業界初のカーボンファイバー対応 Markforged MARK TWO

          世界初のカーボンやナイロンにファイバー素材を織り込んだ独自の造形材料により、極めて高い強度と高精細な造形を実現した本格的な工業向け3Dプリンターです。
          デスクトップ型3Dプリンターのため、設計室や企画開発室、または一般オフィス内での3Dモデル出力が可能です。

          画像:Markforged MARK TWO

          シンプルな操作性で初心者も安心 Stratasys F170

          デザインからプリントをサポートするGrabCADソフトウェアを融合し、多機能でインテリジェントなソリューションを実現。
          コンセプトモデル、デザイン検証、機能テストのための、とても正確で確実なプロトタイプを作成します。
          社内に専門の技術者がいなくても、すべての操作はスムーズかつ容易に行うことができるのが特徴で、初心者も安心の製品です。

          画像:Stratasys F170

          「高精細プリント」「高速プリント」の細かな調整が可能 Stratasys Fortus 380mc

          7種の素材に対応して、幅広い造形ニーズに応えるFortus 380mc。
          従来のFortusシリーズよりも、さらに素早く複雑な造形の出力が可能になりました。積層ピッチは4段階から設定可能。新たにタッチスクリーン?インターフェイスを搭載し、操作やメンテナンスをより容易に行なえます。

          画像:Stratasys Fortus 380mc

          業界最高クラスの積層ピッチ0.014mmを実現 Stratasys Objet30 Prime

          オフィスなどでも使いやすいデスクトップタイプの3Dプリンターでありながら、最小0.014mmという業界最高クラスの積層ピッチを実現。詳細ディテール、複雑な形状や超薄壁も正確に再現します。さらに、12種類の素材と3種類のプリントモードに対応。幅広い分野でお使いいただける1台です。

          画像:Stratasys Objet30 Prime

          デザインや試作品の作成に最適 Stratasys Objet260 Connex3

          46色の鮮やかなカラーを再現。
          3種類の素材を同時噴射することで、複数の材料からなるパーツやアセンブリを単一の工程で造形することができます。複数の樹脂を組み合わせたデジタルマテリアルによって、より最終製品に近い質感や感触を持った造形物の出力が可能になることで、設計サイクルの初期段階であらゆる角度から製品を評価することができます。

          画像:Stratasys Objet260 Connex3

          24時間いつでも造形が可能 3D Systems ProJet? MJP 2500

          マテリアルジェッティング技術の高品質な造形を、設置しやすいオフィスサイズ?手頃な価格で実現したうえ、生産性が高く24時間いつでも造形が可能です。
          オフィスにいながら、最終用途製品のような見ばえ、感触、機能などをご確認いただけます。

          画像:3D Systems ProJet? MJP 2500

          前世代の2倍のスピードで造形可能 3D Systems ProJet? MJP 3600

          プリントヘッドの改良により、前世代の2倍のスピードで造形が可能なうえ、最大2.5倍のファイルサイズをサポートする強力なデータ処理機能により、試作、鋳造、最終用途品の造形など広範囲で高い生産性を発揮します。ProJet? MJP 3600に使用可能なVisiJet? M3 プラスチック材料シリーズは繊細で耐熱性に優れ、柔軟性もある透明な素材で、スナップフィットアセンブリも可能です。

          画像:3D Systems ProJet? MJP 3600

          簡単?廉価?高速でカラーモデルを造形 3D Systems ProJet? 460Plus

          サポート構造を必要とせず、ワンステップでリアルなカラーモデルをスピーディーに造形します。
          複数プリントヘッドを使用し、最高の精度と安定したカラーを実現します。また、清音性や安全性に優れ、臭いもしないのでオフィスなどでの使用にも最適です。

          画像:3D Systems ProJet? 460Plus

          プロトタイプや最終製品の製造方法を革新 Jet Fusion 3D 4200プリンタ

          HP独自の3D造形技術「Multi Jet Fusionテクノロジー」により、従来の3D造形方式と比べ、最大10倍の生産性で高品質な最終製品を生産します。
          また、余ったパウダーは次の造形の際に再利用することができ、新規のパウダーを20%入れ替えるだけで安定した性能を発揮します。

          画像:HP Jet Fusion 3D 4200プリンタ

          高強度?耐熱性で、最終部品をオンデマンド生産 Markforged INDUSTRIAL SERIES X7

          Markforged MARK TWO同様、業界初のカーボンファイバーに対応しています。
          造形するカーボンやナイロンに長繊維を織り込むこで金属並の強度をもち、最小0.05mmの積層ピッチにて高精細なパーツの造作を可能とする産業用3Dプリンターです。
          レーザー計測による積層行程内自動検査機構も装備し、造形品質にもこだわった本格的な3D積層製造支援装置です。

          画像:Markforged INDUSTRIAL SERIES X7

          3Dプリンターに関するよくある質問

          3Dプリンターの情報を集め始めると、様々な疑問が浮かんでくる方も多いかもしれません。
          ここでは、3Dプリンターに関するよくある質問をご紹介したいと思います。

          3Dプリンターの価格はどれくらいですか。

          弊社アンケート結果によると、100万円~500万円の価格帯の商品を導入している企業が多いようです。
          3Dプリンターは10万円以下のものから5,000万円以上のものなどその価格帯は非常に幅広いです。
          3Dプリンター導入企業412社にアンケートを取った結果としては100万円~500万円の3Dプリンターを導入している企業が約半数を占めていました。
          ※調査資料は以下より無料でダウンロードいただけます。

          ものづくり補助金など公的支援制度を活用した導入は可能ですか。

          可能です。
          「ものづくり補助金」や「中小企業投資促進税制」、「先端設備導入計画」など、3Dプリンターを導入する際、公的支援制度を活用する企業は増えています。詳しくはこちらをご覧ください。

          どのメーカーが一番人気ですか。

          世界シェアNo.1はストラタシスですが、国内においてはメーカーの偏りが見られません。
          3Dプリンターといえば、ストラタシス、3Dシステムズが二強と言われていますが、3Dプリンター導入企業412社にアンケートを取った結果、国内においては1メーカーに偏っている、といった結果にはなりませんでした。
          自社でどの様な用途で活用するのか、といった点を明確化し、それに合った3Dプリンターを導入することが重要と言えそうです。
          ※調査資料は以下より無料でダウンロードいただけます。

          造形物の強度や精度はどれくらいですか。

          素材?材料はもちろん、出力方式によって異なります。
          3Dプリンターは素材?材料と出力方式の組合せによって、様々な強度や精度を出力することができます。
          試作品として用いられることが多い3Dプリンターの造形物ですが、最終製品に求められる品質を実現することも可能で、医療機器や自動車などの部品として造形物が使われていることもあります。

          3Dプリンターの活用イメージを膨らませる

          リコーでは、3Dプリンターについてまだよく分からない方、お悩みを抱えている方を対象に、展示ルームを横浜、大阪、名古屋にご用意しています。
          本展示ルームでは、実際に3Dプリンターが動いている様子や、造形物をご覧いただくことができます。
          また、定期的に3Dプリンターの基礎知識や企業事例を解説したセミナーも開催中。
          貴社の3Dプリンターに関するお悩みを解消します。
          是非、お気軽にお越しください。

          技術者が語る3Dプリンターのいろは

          初心者から商品購入検討者まで必見!

          20種類以上にわたる3Dプリンターお役立ち資料

          3Dプリンターに関する情報を集めたい方から具体的な製品購入検討者まで、様々なニーズに応えるお役立ち資料を無料でご提供します。
          メーカー別に機能比較ができる当社独自の総合カタログや、3Dプリンター導入済みの企業412社のアンケートによる調査資料、導入企業事例など20種類以上にわたる資料を無料でご提供しています。
          この機会に是非ご覧ください。

          カタログ

          以下の様な資料を無料提供しています。

          ?3Dプリンターの基本
          ?3Dプリンター導入活用に関する調査資料
          ?3Dプリンター総合カタログ
          ?3Dプリンター出力サービス概要
          ?3Dプリンター導入企業 事例

          など全20種類