<span id="1lrjx"><progress id="1lrjx"><th id="1lrjx"></th></progress></span>

<p id="1lrjx"></p>
<big id="1lrjx"><progress id="1lrjx"><form id="1lrjx"></form></progress></big>
      <track id="1lrjx"></track>

          <i id="1lrjx"></i>

          <th id="1lrjx"><meter id="1lrjx"><span id="1lrjx"></span></meter></th>
          このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
          言語切替メニュー

          RICOH imagine. change.

          日本 - ソリューション・商品サイト Change
          このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
          現在地
          ここから本文です

          工場におけるデジタルサイネージ活用術

          人材の確保が難しくなっていると言われている工場。円滑に情報を共有し、一人一人の生産性を向上させるソリューションとして、デジタルサイネージを導入される企業が増えています。
          製造メーカーが工場にデジタルサイネージを設置した場合、どのようなメリットがあるでしょうか。コンテンツの制作や配信、運用方法などについて解説します。

          デジタルサイネージ ディスプレイ選定情報

          コンテンツ制作?配信運用サービス

          デジタルサイネージ 防災/災害情報コンテンツ

          画像:工場におけるデジタルサイネージ活用術

          工場のデジタルサイネージ活用法

          製造業(メーカー)を始めとする工場にはさまざまな業務を行っている従業員が働いていますが、技術者?作業者ともに人材の確保が難しくなっていると言われています。人手が足りなくなっているなか、一人一人の生産性を向上させるため、情報共有の手段として、デジタルサイネージを導入される企業が増えています。

          工場のユーザーニーズを踏まえた上で、工場設置のデジタルサイネージではどのようなコンテンツ訴求による活用が効果的かを見ていきましょう。

          安全を保つための注意事項の情報共有ツールとして

          工場の生産量の増加や従業員の増員に伴い、情報共有の重要性が高まっています。社内共有事項のほか、作業の安全性を高めるための注意事項の把握も必要不可欠です。また、工場を訪れる外部の業者にとって、工場を運営する会社からの情報や安全に関する情報は重要な情報となります。

          これらの、従業員や外部業者のニーズの中でも、安全に作業するための注意事項やマニュアルなどは、最も重要な情報と言えます。日常的に訴求にすることで、刷り込みの効果も生まれることから、より事故やミスなどのトラブル防止につながります。
          イラストや写真、動画を使って分かりやすく伝えることで、瞬時に理解でき、記憶に残りやすくなることから刷り込み効果も得られます。

          品質目標を共有?徹底するツールとして

          工場で作業する従業員は作業をする上で、生産性を高めるためにも目標が必要になります。そこで工場の現場ごとに、デジタルサイネージで「品質目標」を配信することで、現場ごとの目標、全社共通の周知事項などの情報共有が可能になり、品質向上?生産性向上の効果が期待できます。

          社内情報?他社情報の共有手段として

          社内パソコンを個別に貸与されていない従業員は特に、伝達事項などの業務に必要な情報をスピーディーに得る必要があります。また、同業他社の取り組み事例などをタイムリーに収集することで、今後の業務に取り入れることもできます。
          こうした従業員に対して、デジタルサイネージが役立ちます。クラウド型のデジタルサイネージを用いれば、複数拠点に同じ情報をリアルタイムに発信することができるため、常に最新の情報共有が可能になります。本部から現場の従業員へ重要な情報を随時届けることで、社内におけるコミュニケーション活性化にも寄与している事例があります。

          教育ツールとして

          短期アルバイトなどスポットで働くスタッフは、工場の構造のほか、教育に役立つ情報も求めています。そこで、デジタルサイネージで工場の施設案内や人材教育コンテンツを配信することで、ユーザーニーズを効果的に満たすことが可能です。また、スポットの教育だけでなく、デジタルサイネージによる刷り込み効果で日々の啓蒙にも活用できます。そして、様々な人が教育することによる、内容や質のばらつきを防ぐことも可能です。

          【参考】
          工場でのデジタルサイネージ活用シーン

          お客様事例 株式会社ニッコーインテック様

          リコーのデジタルサイネージサービス

          リコーでは、幅広い業種のデジタルサイネージの導入を行っているおり、工場の支援実績も豊富にあります。リコーのクラウド型デジタルサイネージの、工場に適したコンテンツには、次のようなものがあります。

          コンテンツ

          • ?緊急時の避難経路について
          • ?品質目標
          • ?注意事項
          • ?事業?プロジェクトの告知
          • ?受賞?メディア掲載情報
          • ?社員食堂の日替わりメニュー紹介
          • ?工場見学

          画像:コンテンツ

          機材については、それぞれを個別に手配をする場合、時間?コストともに大きなロスが生まれてしまいます。その点、リコーは、工場に適したデジタルサイネージ機材の導入からコンテンツ制作、環境構築まであらゆる業務にトータルで対応可能です。

          まとめ

          工場においてデジタルサイネージを効果的に導入する方法について、ご紹介してきました。リコーでは、工場のデジタルサイネージ導入実績が多数あり、工場に適した機材やコンテンツのご提案を柔軟に行うことが可能です。

          また工場はもちろん、さまざまな業種への支援実績も豊富にあります。ぜひお気軽にご相談ください。

          デジタルサイネージまるわかりガイド

          PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

          イメージ

          デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
          わかりやすくまとめた?“デジタルサイネージ まるわかりガイド”?を
          ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

          以下のような内容を掲載しています。

          • デジタルサイネージとは
          • コンテンツ配信の3つのパターン
          • 4つの活用法
          • 業種?業態別活用例
          • リコーのデジタルサイネージのご紹介
          • お客様の声

          資料をダウンロードする